パナソニックの光エステのレビュー!

パナソニックの光エステ・トリマーを使ってみた!

私は正直、パナソニックの光エステのトリマー機能にかなりの期待をしていました。 光エステというのは脱毛、トリマーというのは除毛。 2つの機能を兼ね備えたマシンというのは、さすがパナソニック!とも言えるイメージがあったのです。 脱毛マシンと除毛マシンを2台購入することを考えたら、光エステで全てがクローズできるのは、とても嬉しいことですよね。

パナソニック光エステ本体画像

まず初めに、パナソニックの光エステ本体の写真を参考として紹介します。写真で見るとわかるとおり、意外とコンパクトサイズで重さも約850g程度とのことです。

実際に使ってみたら?レビューします! 私の中でのトリマーというのは、ペットショップで犬や猫の毛をサクサクとトリミングする、バリカンのようなイメージがあったのですが・・・。 光エステのトリマー機能は、残念ながら補助的なものだったんです! 基本的には光エステで脱毛をして、トリマーで残った部分の除毛をする・・・というスタンスらしくて。 脱毛マシン+バリカン・・・と考えていた私の妄想は、最初の使用で夢だったとわかりました。 思い切り使えないんですよね・・・。 このトリマー機能は、私の中でイライラする存在でしかありませんでした。 だって、全然綺麗にならないというか、除毛しきれない毛がたくさん残ってしまうので、「これなら、カミソリを使ってムダ毛処理した方がベターかも・・・」と思えてしまったのです。

トリマーハンドルはそんなに強くないので、肌に押し付けてゴシゴシ・・ということもできません。 そう考えると肌へのダメージも少ないのですが、除毛効果もそんなに期待できるものではなかったので、私としてはガッカリ・・という感じでしょうか。 トリマーハンドルが頑丈だったら? 最初は「トリマーハンドルが弱いから、ダメなんだ!」と思っていたのですが、使いやすくなったところで、もともとパワーが低いので、ガンガン除毛ができるわけでもないんですよね。

私としては、光エステの除毛機能に期待をし過ぎてイライラするなら、最初からカミソリを使った方が、肌にも、精神的にも良い気がしました。 私は剛毛だから除毛できなかったのかもしれませんが、このレベルで綺麗にならないのであれば、薄毛の人専用マシンという存在になってしまいますよね。 かなり期待していたトリマー機能でしたが、私としてはイマイチのレビュー結果でした。 使いづらい上に綺麗にならない・・というのは、15,000円もする機械なのに、とても残念なことだと思います。 知名度の高いパナソニック製品なのですから、メインの脱毛機能と併せて改善して欲しいものですよね。

パナソニックの光エステをレビュー!照射編!

パナソニック光エステの照射をしてみました! パナソニックの光エステのメインとも言える照射の部分は、私が最も期待をしていたポイントでした。 長年脱毛ジプシーをしていた私ですが、自分が好きな家電メーカーのパナソニックが脱毛マシンを発売した!というだけも嬉しくて。 15,000円というリーズナブルな価格も良心的だと思ったので、早々と購入した脱毛マシンだったのです。

そんな光エステの照射面は、縦1.5cm×横3.5cm。 ケノンのエクストララージは2.5 cm×3.7cmと比べると、若干小ぶりのような気もしますが・・。 ケノンと光エステは本体価格が全く違うので、最初は金額相応かな?と思っていた私です。

足のムダ毛に光エステは効果ある?

実際に照射してみたら? 足の剛毛をなんとかしたかった私は、早速照射スタート! ケノンのように細かい調整もないので、初心者向けの脱毛マシンだと感じました。 肌に押し当てる→発光する→違う部位に押し当てる・・というサイクルの繰り返しなので、難しい操作が得意ではない私の母でも使える、手軽なマシンだと感じられたのです。

痛みや火照りは? 照射した後の肌は、特に痛みや火照りもなくて・・ ケノンのレベルで例えるなら、1~3ぐらいの強さで発光されているのかな?と思いました。 敏感肌の私はあまりにも強い光を当てると、すぐに肌トラブルを起こしてしまいますので、光エステの弱さが安心できる範囲というか、日本の家電メーカーが作った商品らしいな・・という印象を受けた私です。

照射後の効果は? かなり期待していた照射後の状態ですが、私は正直イマイチだと感じました。 光の明るさはカメラのフラッシュみたいな感じだったので、私の中では、これは効果を期待できるのでは?と思っていたのですが・・。 痛みや火照りを殆ど感じないだけあって、やっぱり弱すぎるんですよ。 3回使って、ようやく少しだけ毛が薄くなってきたかな?と思ったのですが、でもそれって自分が光エステを使ったという自覚があるから感じることであって・・。

ケノンのように明らかに綺麗になっている!というレベルではないので、私的には物足りないというか、もうちょっと強めの光でも良いのかな?と思ったレビュー結果だったのでした。 その点ケノンは10段階のレベル変更ができるので、どんな肌質の人でも使える点が良いですよね。 やさしさという角度では良い機械と言われている光エステですが、私は断然ケノンの方が良いと感じました。 リーズナブルと言われている15,000円の光エステですが、私の中では少し高い買い物だった気がします。

パナソニックの光エステとケノンは人気の脱毛器ですが、どちらの方が効果がある?気になる人気の脱毛器を比較して見ました。パナソニックの光エステは自宅で手軽にムダ毛処理ができ、お手頃価格で大手メーカーから発売されていることも選ばれている理由の一つです。ムダ毛を抑もうするフラッシュが、ヘッド部分を肌に当てるだけで自動で照射されます。使い続けることで徐々にムダ毛が薄くなりますが、使うのを辞めると元に戻ってしまうので注意が必要です。一方ケノンは比較的本体価格は効果ですが、カートリッジの寿命が長いこと、また脱毛サロンのフラッシュ照射と変わらない強さで照射でき、レベル調節も10段階で可能。また美顔機能も付いているなど、話題の脱毛器です。当サイトではパナソニックの光エステとケノンについて、効果やコスパなどいろいろな面で比較しています。脱毛器選びの参考にしてください。

このページの先頭へ